So-net無料ブログ作成
検索選択
リコネクティブヒーリングとリコネクション ブログトップ

リコネクション(R) レベルIII 再受講 [リコネクティブヒーリングとリコネクション]

            5597916.jpg
~リコネクション(R) レベルIII 再受講~

先週末の12月4日と5日、東京、錦糸町にてリコネクション(R)を再受講してきました。

今回は人数も以前私が受講したとき(2008年東京、お台場)のような大人数ではなく、規模も小さめで、受講する側としてはとても恵まれた環境でした[exclamation]大感謝です[exclamation×2][手(チョキ)]

そして今回のリコネクションはエリック自らが担当ではなく(この間エリックはフロリダにて開催されているリコネクティブヒーリング(R)レベルI&IIのセミナー講師を務めていたようです)、ケリー・ウッドラフさんがリコネクション レベルIIIを担当しました。

彼のリコネクション(R) レベルIIIセミナーは以前のレベルIIIセミナーに比べてとても解りやすく、洗練されたものでした(以前のセミナーよりもずっとヨカッタです正直に言って(笑))。

しかもケリーはエリックをしのぐイケメンでした(笑)。

こういったセミナーの類も、私たちが日々暮らしの中で買う商品と同様に常に進化し続けるのでしょう。

ホントありがたいことです[わーい(嬉しい顔)]

しかし、セミナー会場のあたりを見ると青息吐息の方々も大勢いらっしゃいました[ふらふら]

・・・そういえば私も初回のリコネクションのセミナーでは同じでしたっけ。

2回目の再受講ということ。

そしてリコネクティブヒーリング(R)とリコネクション(R)以外でシータヒーリング(アナトミーは除く)一通り受講して気づいたこと。

その間に父が倒れて母が介護で消耗してしまい、自分自身もこれからどうしてよいかわからなくなってしまったこと。

・・・等々、その渦中の中においてはどうにもならないことが次々と押し寄せて・・・例えていうなら・・・まるでスピリチュアル競技場のトラックをヘトヘトになるまで何十周もさせられて・・・・それからようやく「歩いてもいいよ」といってもらった感覚に近いです。

でもこんな中でさえ、といいますか、こんな中だからこそ、人生の学びって深まるのですね。

私達個々の存在はホントお互い「鏡」です。

それは親子でも兄弟/姉妹でも友達でも会社の同僚・上司でも、です。

もう少し大きな視点だと「万華鏡」のようです。

もっと大きな視点だと「曼荼羅」です。

別の言い方ができるとすれば、例えば3次元的な物体に置き換えると綺麗なカットが施された大きなクリスタルやダイヤモンドの中に、自分自身が入っていて、自分と同じものが写って見えているとでもいいましょうか。。。

世界とはそういったもの(笑)。

リコネクティブヒーリング(R)とリコネクション(R)は、まさにこの感覚をどんどん広げて結局私達はひとつなんだということを宇宙レベルで気づかせてくれます。

ホント、再受講できてよかったです[揺れるハート]大感謝です[exclamation×2]

800px-Milky_Way_ブログ用.jpg


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

リコネクティブヒーリング(R)レベルI&IIセミナーの再受講 [リコネクティブヒーリングとリコネクション]

                    5597916.jpg
~リコネクティブヒーリング(R)レベルI&IIセミナーの再受講~

11月の最後の週末に、リコネクティブヒーリング(R)レベルI&IIセミナーの再受講をしてきました。

「内なる声に導かれて」結局こちらに戻ってきてしまった・・・という言い方が一番しっくりくるでしょうか。。。

本当はもう「この手のスピリチュアルなヒーリングや生活からは手も足も洗おう」と決意してセッションルームの椅子やらマッサージベッドやら、ぜ~んぶ捨ててしまったのですが(笑)。

そのくらい何かもう「バカヤロウ~[むかっ(怒り)]」みたいな気分になってしまって、自分のやっている事がものすごくアホくさく思えてきて。。。

そのくらいもう「スピリチュアル」だとか「ヒーリング」だとか「もうたくさんだ[exclamation]」って思っていたのに。。。

でも・・・ぐるぐる巡ってここに戻ってきてしまったワタシ。

もっというと「明け渡し」(手放し)に足を踏み入れるしかないということなんでしょうか。

手元にはStarPeople for ascension Vol.33の「人は恩寵なしに生きられないのか~明け渡し、或いは他力の真実~」が(笑)。

最終的にはやっぱりそうくるのでしょうか。

様々な形で入ってくるメッセージによれば・・・私にはリコネクティブヒーリング(R)が一番向いているようなのです。

「ええ~っ、本当にまたこれやるの~!?マッサージ・ベッド捨てちゃったのにい~」(と、文句をいいたくなるような気分も・・・実はまだあります(笑))。

まさかコレを再受講するとは思っても見なかった・・・

けれど、不思議なことに、再受講して、ようやく見えてきたものもありました。

リコネクティブヒーリング(R)の哲学、「ただただクライアントと共に在りなさい」「在りて在りなさい」・・・

このシンプルさ、いいですね・・・自分に合っていると感じます(・・・本当は、私の場合難しいことはよくわからないので簡単じゃないと困るんです(笑))。

今後の自分はどんなふうに展開していくのかな。

自分で自分のことがちょっと楽しみになってきました。

それにしてもセミナー中のエリックさんは相変わらずのノリで(笑)、通訳の方々や我々受講生にキツ~いジョークを連発。

この軽さ、全然スピリチュアルなセミナーっていう気がしないんですよね~~~。「全部冗談かよ」みたいな(大笑)。

エリック・パール(ブログ用).jpg

エリック・パール博士とセミナー会場にて


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

リコネクティブヒーリング(R)とリコネクション(R) [リコネクティブヒーリングとリコネクション]

                     5597916.jpg

~リコネクティブヒーリング(R)とリコネクション(R)~

先日ナチュラルスピリットが主催するリコネプラクティス・デイに参加してきました。

プラクティショナーもお金を払って参加するリコネクティブヒーリング(R)とリコネクション(R)の公式練習会です。

普段は自分がセッションを行う側ですが、この日は公式練習会ということもあり、私自身もクライアント役として、しっかりリコネクティブヒーリング(R)を受けさせて頂きました!

久しぶりに人からリコネクティブヒーリング(R)をして頂くことの気持ちのよいことといったらありません(笑)。

プラクティショナーになれば、勿論リコネクティブヒーリング(R)のセルフ・ヒーリングはできるのですが、『癒しのサービス』はなんといっても人から受けるのが皆一番好きなのではないでしょうか(笑)。

話は変わりますが、つい最近アメリカでのリコネクション(R)のセミナーで盲目の受講生がいらっしゃっていたそうですが、見事合格したそうです。

目が見えない方がリコネクション(R)を行う・・・ということは私達プラクティショナー側からは考えにくいことなのですが、「この方はやはり『意識の目』で行っていらっしゃるのだろう・・・」というのが今回の練習会のTA(ティーチング・アシスタント=セミナーではエリックさんの代わりに教えることができる人)の方のコメントでした。

私達は普段「視る」ことができてしまうことで、ついつい「それが全て」と思いがちですが、宇宙には目に見える意外の世界がある・・・ということを如実に物語る出来事でした。

そして「無理だ」と思い込むか、「できる」と思い込むかは本人次第なのだ・・・というメッセージを受け取りました。

まだお会いしたことがない仲間のひとり・・・名前はわからないけれど、「大切なメッセージをどうもありがとう!」。

バラ「道の駅めぬま」 009ブログ用.jpg


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康
リコネクティブヒーリングとリコネクション ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。